全国盲女性研修大会(群馬県大会)

 9月5日(火) 第63回となる標記の大会が本日より3日間の日程で開催されます。会場は、高崎市の駅ビル内 ホテルメトロポリタン高崎 です。
 全国から400余名の参加者となる大会で、その運営スタッフのボランティアとしてお手伝いにきております。
IMG_8367.jpg
 本日の内容は誘導・案内で在来線の改札口付近にスタンバイ。会場の受付までのエスコート担当です。
IMG_8368.jpg
 盲導犬連れの参加者もありましたが、各県代表などの委員会や全国委員会の日程のため新幹線利用の改札口が多かったようです。
IMG_8380_20170905211000397.jpg
 エレベーターホールへの進路などの要所にも案内係がいます。
IMG_8372.jpg
 コンコースの通路には、上野三碑(こうづけさんぴ)の実物大のレプリカも出現。通りすがりの目を引きつけていました。
IMG_8371.jpg
 交代でスタッフルームで昼食をいただきましたが、居合わせた群馬県の和泉女性部部長がプロへ目を通して確認をされていました。全国委員会での挨拶の大役が予定されているようです。
IMG_8408.jpg

 3日間のご盛会を祈念しております。 (高)

烏帽子岳への登山

 9月3日(日) 駅伝大会が早く終了し、あまりの好天に以前から密かに抱いていた烏帽子岳への単独登山を決行。
IMG_8364.jpg
 対岸の湖岸や榛名富士登山の際にゆうすげの西方に、特異な姿形のその名の通りの烏帽子がポッカリ。
IMG_8363.jpg
 11:08ゆうすげ元湯にほど近く 赤い鳥居にみちびかれて登山口を出発。
 登山道には踏み跡は認められるものの、ひっそり閑漂う澤沿いに林の中をひたすら西方に辿る。
IMG_8361.jpg

 20分ほどで尾根筋に出る、男性2人組の登山客が休憩中。左ー鬢櫛(びんぐし)山1350m,右ー烏帽子(えぼし)岳1363m

 烏帽子への道は尾根の直登高となりきつい登りが続く。階段やロープの設置もあり一気に高度を稼げるが、樹木に閉ざされて眺望は利かない。
IMG_8350.jpg

IMG_8351.jpg
 朱の鳥居とその奥に2体のお稲荷さんが鎮座し、安全登山を見守ってくれている。ほどなく岩屋にまつられたお稲荷さんをあとにすれば笹の原に出てしばらく藪漕ぎのあと登山口からは40分ほどで山頂へ。
IMG_8355.jpg
 大きな樹に囲まれて眺望はまったく利かずキャップを載せての山頂でのアリバイです。

 下山を開始してまもなく沼田からの3人組のお嬢さん方にであい、山頂東側のビューポイントを教えていただき引き返す。
IMG_8356.jpg
 
 大きな岩の上に立って眼下のゆうすげや湖畔の眺め、榛名富士を目の前にしてしばしの山行きに大満足の烏帽子岳。
 30分ほどで元来た道を下山。湖畔の周辺を取り巻く外輪山の登山もまた楽しいものです。  (高)

榛名湖駅伝競走大会

 9月3日(日) 第49回榛名湖駅伝競走大会の走路員として行ってきました。
 起き抜けの5:00過ぎには出発、最後のコンビニの伊香保で忘れずに朝食をゲットし6:40ゆうすげに到着。
IMG_8314.jpg
 ゆうすげ元湯をスタートして湖畔を周回するフルコースの部(30.0km)1区のみがメロデイラインからヤセオネ峠、オートキャンプ場経由で榛名富士の北側を巡りゆうすげに戻る18.1km、2区5.4km、3~5区5.5kmの5周回。
IMG_8338.jpg
 先導者に続きトップ集団が駆け抜けます。
 ハーフコースの部および女子ハーフコースの部は、1区(5.5km)、2区と4区(3,4km)、3区および5区(2.1km)の3周回(16.5km)。
IMG_8343.jpg
 湖畔の周回コースはフルの2区以降とハーフコースは男女入り乱れての襷リレー
IMG_8340.jpg
 途中での順位は不明だが観光客の声援も受けての力走。
IMG_8333.jpg
 ゆうすげの道散策。たっぷりの秋の気配。
IMG_8337.jpg
 (高)



9月:長月

 9 月 : ながつき SEPTEMBER 「夜長月」の略
 花 暦 : 桔梗(ききょう) ー変わらぬ愛ー
 誕生石  サファイヤ(青石) ー徳望、誠実ー
 星 座  乙女座(9/22日頃まで)、
       天秤座(9/23:秋分の日頃から)

ミサイル?お断り!

 8月29日(火) いつもの朝のように新聞を読み始めた朝のひととき、聞き慣れぬ異様な携帯電話のアラーム音 ・・・
 6:02  エリアメール  政府からの発表  2017/08/29 06:02 「ミサイル発射」 北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」(総務省消防庁)
 続いて6:14 には、続報の 「 ・・・ 上空をミサイルが通過した模様です。」 ・・・(後略) ・・・  襟裳岬の東方約1,180kmの太平洋に落下した模様。
 いやあ~、 少なからず驚かされましたね~。 全国瞬時警報システム(Jアラーム)とやらが、北海道、東北、北関東など12道県に避難を呼びかけた由。
 びっくりはしましたが、さて、どうしたものか? 頑丈な建物?・はたまた地下に避難??? そんなものはまったくご縁がありませんが ・・・  どうすりゃ良いのさ~!
 このところのどこぞのやんちゃ坊主の無謀ぶりには呆れてしまいますね。
 自国内での肝試しや度胸試しならどうぞご勝手に、と、言いたいところですが、他国にまで少なからず影響をもたらすこんなお遊び(実験?)は、お断り!です。

IMG_8273_20170829200710966.jpg
 どうせならこんな飛来には歓迎なんですがね ・・・ アオスジアゲハ? (玄関先で弱り切っているのを見つけたのですが、直に動かなくなってしまいました。)
(高)
プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ