雪の小野子山

 12月26日(金)  農水省OBの鈴木氏(千葉市在住)から上州の山行き計画を伺い、山ガール4名と高齢山好き男2名が同行させていただきました。
 吾妻線の遅れで無人駅小野上には10時過ぎての着。吾妻川沿いに国道353号の歩道を1kmほど下ってようやく登山道へのアプローチ、小集落を抜け案内板に従って進み如意寺先の登山口までは、小1時間を要した。
 駐車場には1台も無く本日の入山者は無いようだ。眼の前には榛名山の雄姿がでんと構えている。年末寒波の襲来で本日も良く晴れているが、風で白いものが飛ばされていて冷気が肌を差す。
 階段で始まる登山道およそ300段ほどの直登を過ぎたあたりにNHKの中継塔があり、しばらくして尾根道になる。段差や浮石が落ち葉に覆われていて登山道は足場の確保に要注意だ。一気に高度を稼げる急峻な岩場でも前を行く3人の山ガールは強い。それもその筈、いずれもトレイルランナーの体験者だ。さすが~! と、脱帽・・・
IMG_3613⑩岩場を越えて
 おまけに10日ほど前の雪が残っており、進路を阻まれながらも小1時間ほどで最初のピーク雨乞い山(931m)に。落葉している樹林越しの眺望はイマイチ と、いったところ。
IMG_3619⑩雨乞山山頂
 小休止の後、小野子山へ向かうところで山ガール3人娘は引き返すことに。雪も10cmほど残っているところもある。
IMG_3620⑩残雪深し
 尾根筋をいくつか超えて進む。さすがに北の下り斜面には残雪も多く難儀する。50分ほどで小野子山3山の最高峰(1208m)に辿り着く。初冬の雪山の眺望は良いのだが樹林にさえぎられるところもあり、少し移動しながらしばしパノラマを愉しむ。
IMG_3621⑩小野子山頂
 カメラの電池切れでやっと東側の赤城山を臨む1枚を納めて the end ・・・。冷たい風を避けて陽だまりでの遅い昼食を摂り、もと来た道を選ぶことに。
IMG_3622⑩赤城を臨む
 下山後は、例によって小野上温泉で凍えるような三日月を愛でながらの露天風呂で癒し、ご褒美の美味しいビールでカンパ~イ!   (高)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ