今日は『桜桃忌』

 6月19日(水) 5月の梅雨入り宣言後の“空梅雨”を懸念させていた天候も、東北・北陸の梅雨入りとかこのところ梅雨本来の降り様。
 雨季には紫陽花がよく似合う・・・だが、土手の芝の中に“ねじばな”も、しっかりと主張していましたよ。
IMG_1157 ⑩ ねじり花
 こちらもお忘れなく・・・と、クチナシ(梔子)の香りも漂っていました。
IMG_1153 ⑩ しべ咲き梔子

 今日は、太宰治の「桜桃忌」、また「生誕祭」とも・・・1948年のこの日、6月13日に自殺した作家・太宰治の遺体が発見された。 6月13日、太宰治が戦争未亡人・山崎冨栄と東京の玉川上水に入水心中し、6日後の19日に遺体が発見された。また、19日が太宰治の誕生日でもあることから6月19日が太宰治の「桜桃忌」と呼ばれ、三鷹市の禅林寺で供養がおこなわれる。その名前は桜桃の時期であることと晩年の作品『桜桃』に因む。太宰の出身地青森県金木町では、生誕90周年となる1999年から「生誕祭」に名称を改めた。
 と、あります。 以上、「今日は何の日」より引用でした。  (高)
スポンサーサイト

コメント

セミ、今年の初鳴きは???

 蒸し暑いですね。1週間ほど前までは1時間20分ほど走っていたのですが、昨日は蒸し暑くて20分ちょっとで歩きました(笑)。家の「ネジバナ」も咲いています。もう直ぐ「セミ」の鳴き始める時期ですね。昨年の初鳴きは地元ではニイニイゼミは6月22日(これ耳鳴りのような感じで聞こえるので、若干判別しにくいですが)で、早くも2日後の24日には「アブラゼミ」の鳴き声(これは地元ではなくて、磐田市の桶ヶ谷沼(「ベッコウトンボ」の生息地で有名)です)を聞きました。台風が発生していますが、昨年、気象友の会(会員です)の主催で、気象台の見学と講演会があったので、台風の中心気圧の関係で、最近は直接計っていなく今までの台風画像の様子を見て判断する「ドボラック法」をやっているようなので、質問の時、「台風の洋上での気圧はどのようにして測っているのか。ドボラック法か?」と聞いたら「洋上の台風の気圧は、直接測っていないので、ドボラック法でやっている」と言ったンで「じゃあ経験則か」といったら「不完全ですが、そうです」と言っていました(笑)。いつも走りながらセミや秋の百舌鳥の初鳴きはいつかなと気にしています。これも練習RUNの楽しみの1つですね。

No title

 コメントありがとうございます。いつもと同じコースを走っていても、おやっと気づくものがありますね。多彩な季節と豊富な気候条件の日本のおかげですかね。残念ながら、小生は、耳が悪いので虫の音やらセミの声、小鳥のさえずり等々もダメなので「初鳴日」等は確認できません。
 マスコミ報道によりますと、本日午後にも富士山が世界遺産登録になるとか、地元の静岡・山梨のヒ-バー?は・・・まずはオメデトウ!というべきですかね。でも入山制限等々の影響も懸念されますのでちょっぴり寂しさも・・・  (高)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ