お茶摘み交流会

 4月26日~28日 runに関係のないことですが・・・静岡県磐田市大平でのお茶摘みイベントに、一昨年に続いて2度目の参加、前日の準備と後片付けも含めて2泊3日の旅に。
IMG_0745 ⑩ お茶摘み体験
 農山村の過疎化による諸問題解決に向け、いち早くさまざまな交流や実践の取り組み等での活動をされている、鈴木さんの家と農園を中心に今年で17回目の開催とのこと。
 以前にも3・4度ほどお邪魔して、杉林の間伐や竹の伐採、地域共有地などへの桜やツツジなどの植林と下草刈り、茶園や田圃の有機肥料の施肥等などの作業の体験もさせていただきました。
IMG_0771 ⑩ 野外での食事会
IMG_0781 ⑩ 野外での交流

 一流の料理長の多彩なメニュー・蕎麦打ちグループの実演・餅つき・焼き豚等々の料理づくりから、会場準備も片付けもみんなで協力してのオールスタッフ方式。
 茶畑の周囲の筍掘りやワラビなどの山菜の調達・・・収穫したばかりの筍は豪快な炭火焼きに、新茶葉で早速の釜炒り茶づくりも体験。上州の粉食文化の一つ「焼きまんじゅう」を持参しての実演で提供するも、今年は90余名の参加で全員へはお届けできなかった。
IMG_0787 ⑩ 室内の音楽会
 昨年までは、二胡とオカリナの演奏で食事会場の野外でしたのでカエルがハモッてくれると言うまさに自然に溶け込んでの音楽会でしたが、今年はヴァイオリンとヴィオラとチェロの演奏会のため室内での楽しい音楽会でした。

 ご多聞にもれずこの地にもイノシシの被害が年々ひどくなり筍も人間より数十倍の嗅覚の持ち主はお得意の鼻先で大きく掘り下げて食べてしまいあちこち穴ぼこだらけの状態に唖然!!! 他にも鹿の被害にカモシカ・ハクビシン・野ウサギ等も出没・・・これも皆、山地と里山・人間様の生活圏との緩衝帯を無くしてしまった結果の由。人手がなく、荒れ放題の山林や放置の草地、そしてもともと山奥に棲息していた動物の餌を与えたり覚えさせてしまったこと・・・畑の作物の方が量も栄養価も豊富なので味を覚えたら山には戻らないよね。
 さまざまな沢山のお勉強もできましたが、ぎっくり腰再発のお土産つきの帰宅と相成りました。(高)
スポンサーサイト

コメント

No title

 (高)氏は行動派ですね。ぎっくり腰は大丈夫ですか?。「焼まんじゅう」は前橋シティマラソンの時の昼食で食べました。野生動物、特にイノシシの被害は平地の畑にまで及んでいますね。(高)氏も書いていますが、人間が栄養たっぷりで育てた野菜等は野生動物にも美味しい様です。静岡近辺の山などの茶畑は大抵は、昔の地すべり・崩落地帯に出来ています。山に入ると分かりますが、茶畑は水はけと日当たりが良くないとダメですので、どうしてもそういう所に作られますね。今崩壊している天竜春野の茶畑の崩壊も運が悪いといいますか、ちょうど下を流れる川の攻撃斜面で、また1993年~95年にもっと上に地割れができていたようです。案外、あのあたりの地層が流れ盤になっているかもしれません。稲作は棚田から始まったと言われますが(平野の湿地で始められたのは、灌漑技術が始発達してから=稲作には乾燥も必要なので)、棚田は地すべり地帯特有の地形ですね。茶畑もそのような所に出来ていますね。磐田大平は朝晩霧がでましたか?。霧の出るところのお茶は「浅蒸し」ですね。私は日当たりの良いところで出来る「深蒸し」の方がどっちかと言えば好みです。「浅蒸し」の方が上品な味ですが=これは自分の感想ですので(笑)。

お茶

 いつもいつも適切なメールをありがとうございます。
陽あたりさえ良ければくらいにしか考えがおよばなかったのですが、お茶畑の要件等も製品の良否、また霧の条件での「蒸し茶」の違いとは・・・お茶の世界はどこまでも深いのですね。
 ♪旅ゆけば~ 駿河の・・・♪ 富士山の世界遺産問題で賑っていますね。脚光を浴びるのは大いに結構なことではありますが、ジオロジストのおでんさんにとっては、今後はハンマー持参では疑われるなどのデメリットの方が大きいんじゃないですか?

No title

 以前、県主催の「お茶ウォーク」に参加して、島田の金谷近辺を歩き、その時8種類ばかりのお茶を飲んだのですが、各お茶の味はビミョーに違いました。その時お茶の味やらを自分なりに書いておいたのですが、やはり各自好みの味はありますね。その時初めてお茶の味が違うことを知りました(笑)。富士山の世界文化胃酸---おっと遺産の関係で、しぞーかの新聞は一面で書いていますが、まだ正式に決まったわけではないようです。昨年、県主催(また「県」主催です(笑))の富士山ウォークに参加したときに聞いたのですが、世界文化遺産になっても、新たに法律ができるわけではなく、今までの公園法や河川法等が適応されるそうです。もっとも前の仕事の時、他の者は、野草少々採ったという事くらいで事件(微罪処分)にしていたので、いつも岩石ハンマーを振るう時はヒヤヒヤですね(笑)。人がいない所で音がしない様にそうっとやっています(笑)。サンプリングした石は直ぐリュックの底へ(笑)。やたらに岩石ハンマーを腰につけたりしない様にしています----やりにくい(笑)。富士山は玄武岩ばかりですが色等は若干違っていますね。場所によって組成が違うようです。今まで2回富士山に登っていますが、やはり富士山は登るより遠くで見ていた方が良いかも(笑)---。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ