FC2ブログ

九十九里浜歩き今年も

 〈 九十九里浜歩きから戻りブログへと思いきや、管理画面に入れませんでした。“困ったときの○○頼み”と大島さんのアドバイスでやっとこさの報告です。〉
**********
 6月1日・2日に、今年も“完歩”してきました。しかし、年々きつくなってきて今回で最後かな?と思いながらの真夜中のご帰還となりました。
 まずは第一日目(1日) 屏風ヶ浦の絶壁遊歩道歩きです。
 新前橋駅5:00の始発:熱海行きで出発。高崎駅を出てまもなくの新町駅手前でハプニング、アナウンスもよく聞き取れず20分以上の遅れで上野駅でその先の運行は中止。急きょ秋葉原乗り換え、錦糸町で快速に乗り換えてようやく千葉駅で予定のJRにセーフ。同行の鈴木氏と八十路の二人旅で銚子駅からはレトロな銚子電鉄で終点の戸川へ。
IMG_0216.jpg
 漁港から海岸線を辿り屏風ガ浦の崖の見渡せる公園に伊能忠敬の測量記念碑がありました。200年以上も前の夏に9日間の測量で描かれている図面には富士山可視東端の地と記されている由。
IMG_0219.jpg
 切り立った高さ10~60mの崖は、下総台地が海によって削り取られた刑部(ぎょうぶ)岬までのおよそ10kmも続く崖です。
IMG_0221.jpg
 最上部には関東ローム層をその下には約10万年前に浅い海の環境で堆積した地層、さらにその下には基盤となる300~100万年前に堆積した地層が描く縞模様が続きます。  
IMG_0223.jpg
 遊歩道も道半ばでご覧の通り。7年前の地震と津波で堅固な遊歩道も無残な姿で海に向かって大きく傾斜していあたりテトラポットや打ち砕かれた部厚い遊歩道のコンクリート塊も飛び渡るのにずいぶん難儀しました。
 途中で遊歩道歩きを止めて台地へ上がり、キャベツ畑と風車をながめながらJR松岸駅へと戻る11kmほどの行程でした。
IMG_0232.jpg
 17:30 千葉の地元に在住の小関氏夫妻の来訪で1年ぶりの再会。火災による火傷やら闘病なども克服されて元気な姿でお手製の美味しいそら豆を大量に差し入れして頂いた。
IMG_0235.jpg
 民宿の岩沢荘はさすがの漁師宿、魚料理が美味しい。冷えたビールも明日への鋭気を養い本番に備えてカンパ~イ!。  (高)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ