街で聴いたちょっといい話 会報400号「投げ込み」の効果 その2

 5月6日(土) 朝ジョグから上がって知人からの電話「小須田さん上毛の三山春秋に載っているよ。」との電話を頂いた。ジョグを上がって直ぐだったが,本当ですかと、直ぐに確認出来た。過日の電話取材の会話から見出し、山西先生の「走りは文化論」からこっちゃんの高齢者の居場所論、健康寿命まで正確に表現されていた。皆さんのおかげ。
 こんな記事に纏められて気恥ずかしい。それこそ「三途の川を走って渡り」途中下車して記者会見をしたい。まだ早いが。
 5月6日上毛新聞1面最下欄。下記抜粋をご覧下さい。 (会長)

  出典URL上毛新聞 「三山春秋」抜粋
  上毛新聞2017年05月06日10時13分
▼マラソン愛好者らでつくる「前橋ランナーズ」が毎月発行する会報が今月でちょうど400号を迎えた。1978年の会発足から39年間、日々の活動をつづってきた▼特別顧問を務める群馬大名誉教授の山西哲郎さん(73)は記念号の巻頭言で「ランニングスポーツは文化である」と書いた。集まって一緒に走ると、一人で走るより多様な楽しさを知ることができるとし、記録や順位にとどまらず、走りを言葉で表現するよう会員に呼び掛けた▼会員は約70人、平均年齢は70代。フルマラソンに挑む会員がいる一方で、体を動かすのはウオーキング程度にとどめ、給水ボランティアとしてマラソンや自転車大会の運営を手伝う人もいる▼年齢を重ねて体がついていかず、活動への参加が難しくなっても退会する人は少ない。毎月届く会報が楽しみで、紙面から元気をもらうためだという▼介護を受けたり、寝たきりにならずに元気に生活できる「健康寿命」の考え方が重視されている。「年をとったわれわれが健康で元気な姿を見せることも大切な役割ではないか」。小須田稔会長(72)は会報による情報発信の意義を強調する▼若い世代を中心にマラソンブームが広がり、県内でもフルマラソンの大会が増えた。健康寿命を少しでも伸ばすため、人生の先輩たちを見習い、無理のないよう体を動かしてみたい。
 5月6日 朝ジョグから上がって知人からの電話、「小須田さん上毛の三山千秋に載っているよ。」との電話を頂いた。ジョグを上がって直ぐだったが,本当ですかと、直ぐに確認出来た。過日の電話取材の会話から見出し、山西先生の「走りは文化論」から小生の高齢者の身体運動を通じての居場所論、健康寿命まで正確に表現されていた。皆さんの活動のおかげ。特に400号の清水さん、トッピックス欄の桑子さんの話には説得性があったと。
 こんな記事に纏められて気恥ずかしい。それこそ「三途の川を走って渡り」途中下車して記者会見をしたい。まだ早いが。
 5月6日上毛新聞1面最下欄。下記抜粋をご覧下さい。  (会長)

  出典URL上毛新聞 「三山春秋」抜粋
 上毛新聞2017年05月06日10時13分
▼マラソン愛好者らでつくる「前橋ランナーズ」が毎月発行する会報が今月でちょうど400号を迎えた。1978年の会発足から39年間、日々の活動をつづってきた▼特別顧問を務める群馬大名誉教授の山西哲郎さん(73)は記念号の巻頭言で「ランニングスポーツは文化である」と書いた。集まって一緒に走ると、一人で走るより多様な楽しさを知ることができるとし、記録や順位にとどまらず、走りを言葉で表現するよう会員に呼び掛けた▼会員は約70人、平均年齢は70代。フルマラソンに挑む会員がいる一方で、体を動かすのはウオーキング程度にとどめ、給水ボランティアとしてマラソンや自転車大会の運営を手伝う人もいる▼年齢を重ねて体がついていかず、活動への参加が難しくなっても退会する人は少ない。毎月届く会報が楽しみで、紙面から元気をもらうためだという▼介護を受けたり、寝たきりにならずに元気に生活できる「健康寿命」の考え方が重視されている。「年をとったわれわれが健康で元気な姿を見せることも大切な役割ではないか」。小須田稔会長(72)は会報による情報発信の意義を強調する▼若い世代を中心にマラソンブームが広がり、県内でもフルマラソンの大会が増えた。健康寿命を少しでも伸ばすため、人生の先輩たちを見習い、無理のないよう体を動かしてみたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ