山仕事ボランティア

 10月11日(火)・12日(水) “ねこの手クラブ”の山仕事を楽しむ会に参加してきました。農水省OB:千葉市在住の鈴木厚正氏主宰の「雑報『縄文』」の呼びかけで静岡県磐田市へ、交通費・会費自弁で参加。
 猫の手も借りたい人のために猫よりましな応援を!との趣旨でのボランティア活動を10数年継続している行事の一つです。過疎化と高齢が進み後継者も無く止むなく管理できなくなった山林や田畑等々のさまざまな仕事の支援活動の一環です。
 いち早くこうした危機感を抱いていた静岡の鈴木正士さんは、勤めを辞めて地域の保全の為にも尽力され、ねこの手クラブの活動拠点を引き受けてくれています。仕事に必要なさまざまな道具を提供され、参加者への手ほどきやら体験指導の上、自宅の離れのゲストハウスを定宿に提供されています。
 今回の仕事は、お茶農家の荒廃したお茶畑の刈りこみ・除草での復元作業です。数年の放置でご覧のような荒れ放題でお茶の木も見えません。この日は地元の有志の参加もあり9名。
IMG_6447⑩刈り払い機出動
 うなりをあげる刈り払い機の活躍でお茶の木も顔を出し、荒れ果てた草地から茶畑へと変身です。(柿もぎ体験の後に再び現地に戻って撮影しようとしたのですが、またもやカメラのメモリー不足で画像撮影できず残念!)
 私は小さな草刈り鎌で周辺の軽作業を分担です。
IMG_6446⑩荒れた茶畑

 7時間もの鈍行列車の長旅で正士さん宅に着くなり、正士さんお手製の手打ちそばのご相伴になる。これがまた絶品なんですよ(ホント・・に)! 笑顔の厚正氏と後方の正士氏
IMG_6443⑩お蕎麦の相伴に
 私と同行の内田さんは、柿もぎの体験で柿農家へ。(ここでメモリーカード満杯???その後は撮影できず!)
IMG_6448⑩柿もぎ
 (高)
***おまけのお知らせ*** 
 <格安の富有柿あっせんします。ご希望の方は、高橋までご連絡ください。大きさの不揃いやらカメムシの食み跡や少しのワケあり品などのB級品とは言え味覚は全く変わらずの味よし保障です。> 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ