萩の旅(1)

<済みません。下の続きを読むをクリックしてご覧ください。(高)>
  ***********************
ぶら~り気ままな“萩の旅”をお届けします。
 大会を終えた18日の午後は、コースにもなっていた萩城城下町周辺を散策。江戸時代の風情の漂う横丁の町筋や小路があり、萩藩御用達の豪商の家を取り囲むなまこ壁の土蔵など往時の面影をとどめている歴史のまち散歩です。
IMG_5059⑩明倫館南門の掲額
 明倫館の遺構の一つである南門は、正門として建てられたもので通称は表御門と呼ばれたといいます。吉田松陰は叔父から藩の兵学を受け継ぎ兵学の講義を行った。楫取素彦もここで教授し、後に松下村塾でも指導しているという。
IMG_5042⑩高杉晋作誕生地
 高杉晋作誕生地の旧居: 当時の建物として座敷・玄関・次の間などのほか裏庭には産湯に浸かったとされる井戸も現存。
IMG_5061⑩武家屋敷
 往時の景観が保たれている横丁。 
IMG_5060⑩木戸孝允誕生地
 木戸孝允旧宅: 少年桂小五郎時代の手習いの書も残されている。江戸に出るまでの20年間をこの家で過ごした。
IMG_5065⑩円政寺ー木馬
 円政寺は神仏習合の寺院。高杉晋作が度胸試しの天狗の面や伊藤博文が預けられて遊んだ木馬などもあり勉学の寺であったという。
IMG_5069⑩石・土塀
 いまにも幕末の志士達の足音が聞こえてきそうな ・・・  史跡、文化財の数々 ・・・ いつまでもどこまでも歩きたくなる歴史のまちの散歩でした。 (高) 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ