前・渋マラソン大会近づく 

 4月20日(金) 2日後に迫ってきました。今日は炎天下の走りを想定して10:00時過ぎの日中ランに出ての調整です。

 当日のコースになるサイクリングロードには、大会の予告・規制の看板が出ていました。対岸のメイン会場の前橋公園には準備のテントが張られている様子が見えました。
IMG_9836.jpg

 今年も前橋の友好都市:米バーミングハム市から4名の選手団が参加されます。フルに男子の1名が10kmレースには男子2名と女子の1名の選手が参加されるそうです。
 今晩18時から市内のレストラン:オルビエターナで歓迎パーティがあり、会長と二人で出席予定です。

 この時期の天候は晴れれば夏日に、崩れれば一気に春先の低温に逆戻り ・・・ と言った不安定な陽気に、 ところがところがです。今回の天気情報では、なんと明日・明後日は30℃と「真夏日」の予想???  身体も心もまだまだその備えが整っておらず、といった状況ですかね。脱水症対策にこまめの給水が最大のポイントになるか。

IMG_9893.jpg

IMG_9895.jpg

IMG_9897.jpg

IMG_9899.jpg
 今日は、二十四節気の「穀雨」です。3月中頃の暖かな陽気でいろいろな花の開花時期が、1週間から十日ほど早いみたいですね。     (高) 
スポンサーサイト

白井宿の八重桜

 4月16日(月) 前・渋マラソンも迫ってきているので、本日のS-Tコンビ伴走練習は白井宿のお花見ラン、5kmほどののんびりランで調整に。
 フルの中間点を過ぎてサイクリングロードの大正橋の手前の若鮎橋(レースでの23.6km地点)の公園の駐車場に車を置き、大正橋を越えて吾妻新橋を渡り白井宿へ。

IMG_9868.jpg
 清流の流れる小さな関を挟んで一方通行の通りは、今まさに満開の八重桜。
IMG_9872.jpg
 昨日の春の嵐の強い風が残っていたが、厚ぼったく咲き誇るサクラはしっかりと散らさずにガードされていました。
IMG_9876.jpg
 古い井戸跡なども復元されて古民家の佇まいは風情がある。
IMG_9870.jpg
 数百㍍におよぶ通りの赤花の関山(かんざん)が中心。
IMG_9883.jpg
 こちらの緑色を帯びた白花には「御衣黄(ぎゅおいこう)」の名札が,他の白花の種類も一葉(いちよう)と鬱金(うこん)の桜などの名札もありました。
 スケッチを楽しむ人やひたすらカメラを向けている人、散策の人なども風にめげずに楽しんでいました。 (高)

ランモード練習会

 4月15日(日) 天気予報で春の嵐の強い雨風が心配されていたが、開始時刻の9時ころには何と晴れ間も ・・・ しかし、朝の7時台には降り続いていたので、急きょ新町の弁財天公園から群馬の森へと変更実施されました。

IMG_ <br />9862.jpg
 博物館前の芝生広場の奥の休憩施設で準備運動で備える。本日の声出しミーティングに参加されたのは18名。
 それぞれのペア毎に新緑の眩い樹間のコースへ、北出口までの全国都道府県の“樹”を眺めながらのコースへも、はたまた井野川沿いのコースまで足を伸ばすなどなど
IMG_9863.jpg
 ダイナマイト碑で昔日の思いに耽ったりも ・・・
IMG_9864.jpg
 公園内の東へ詰めると“立ち入り禁止区域”の金網が ・・・
IMG_9865.jpg
 直径が優に2㍍を超える大きな土管やコンクリートで築かれた建造物 ・・・
 こんなところにもかつての遺物・遺産が  撤去されてしまえば知るよしもなし  ですよね。 
 ちょっぴり歴史の勉強も ・・・ (高)  

続きを読む »

「太陽の鐘」がやってきた

 4月14日(土) 自転車で町に出かけたついでに寄ってみた。
 「芸術は爆発だ!」の芸術家:岡本太郎の立体作品。前橋市内を流れる広瀬川河畔の諏訪橋西詰に先月の31日にお目見えしたもの。
IMG_9855.jpg
 鐘突き場へのアプローチには、銘板と氏特有の太陽の顔?のモニュメントも。
IMG_9857.jpg
 高さ7㍍もの白い三日月型の台座につり下げられた「太陽の鐘」。
IMG_9852.jpg
 鐘の上部には特有の無数の角が生えたようなオブジェ。
IMG_9853.jpg
 右に見える突き棒は何と長さが24㍍という巨大な代物、みんなで力を合わせないととても動かせない。もちろん普段は鍵をかけて固定してあります。
 この巨大オブジェを囲むように植栽されたヤマボウシなどの杜の中で、たっぷりと太陽のエネルギーを得て芽吹くシンボルとなってほしいものだ。
 いったいどんな音色を響かせるのだろうか? いつの日か聞いてみたいものだ。 (高)

雷電神社春季大祭

 4月8日(日) サイクリングロード沿いにある上新田町の雷電神社の春季例大祭。
ここ、上新田の雷電神社は総社神社から明治23年に伝えられて以来一度も中断することなく引き継いでいる神事であるという。

IMG_9821.jpg

 現社殿は昭和8年の再建されたもの、天正元年(1573年)に建立され、大雷神・火雷神・外千柱が祭神。
 左手前の小さな藁の沓:お沓(くつ)は、雷神が天空を駆けるとき、ケガをしないよう足に履いているという。毎年新しいお沓を奉納すると落雷の災害を免れるお守りで、全国的にも珍しいお沓の風習であるという。

IMG_9826.jpg

 太々神楽は朝から20余の演目が奉納される。

 日に日に暖かくなり、前・渋マラソン大会も2週間後となり心なしかサイクリングロードも市民ランナーの賑わいを思わせる。
華やかさのサクラ前線も北上し、八重桜ほかの花々に取って代わりそうな気配。団地の庭先を飾る花たちも我が世の春を ・・・

IMG_9815.jpg
 
IMG_9818.jpg

 本日も大会を前にしての10kmほどの調整ラン。 (高)

続きを読む »

プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ