麦の秋へ

 5月24日(水) 5月だというのに暑い日が続きましたね。
 前橋では昨日までの4日間連続で30℃超のいわゆる“真夏日”、21日(日)には早くも館林市では35.3℃の今年全国で初の“猛暑日”を記録。熱帯夜にこそならなかったが、まだ身体が暑さになじんでいないので日中ランには厳しいですね。
 本日は平年並みの気温に戻りましたが、明日からは傘の出番となりそうですね。
IMG_7595.jpg
 日に日に色づきを増して麦の秋が近づいてきています。
IMG_7596.jpg
 この長い芒(のぎ)を持つ種類はなんでしたっけ?
 本日のT-Tコンビ伴走は、利根川サイクリングロードをいつもの昭和大橋から玉村大橋手前の10.0kmポイントで折り返しの13km走でした。 (高)
スポンサーサイト

月例練習会(藤井コーチ)

 5月20日(土) 藤井コーチ指導による今年度の月例練習会スタートです。会員の皆様、ふるってご参加ください。
〈ただ今工事中!〉・・・しばしお待ちください。
 
IMG_7582_20170520181046cbd.jpg
 まずは本日のアリバイです。
IMG_7584_201705201810442e7.jpg
 見事なバラですね!
IMG_7583_20170520181045363.jpg
 真夏日に近い気温上昇のなかバラ園到着のアリバイです。  
IMG_7589_20170520181044da6.jpg
 ご褒美のジェラートの美味しかったこと!

 文・構成(会長)&一部の画像(高)でした。

安政遠足(続き)

 5月14日(日)の続きです。
 安政遠足侍マラソンは、1660人出走の何と仮装ランナーが8割超の1396人。
 NHKの大河ドラマの影響で井伊家の赤備え姿などが目立っていました。グループで同じ衣装などで楽しむ傾向があるのも最近の傾向ですかね。スーパーマリオやピコ太郎もグループ?で参加。
IMG_7541.jpg
 開会式にはこどもたちの谷津太鼓の演奏も、
IMG_7545.jpg
 上野三碑や上毛カルタやぐんまちゃんもグループ仮装での参加もありましたが撮りそこねました。
IMG_7557.jpg
 ゴール後に早々と引き上げてきました。横川駅前には珍しいアプトの動輪展示もさび付いていては残念ですね。
IMG_7558.jpg
 折しも高崎ー横川間をSLで楽しむイベントがあり、駅構内にD1の勇姿が新緑の妙義山に映えてマニアのカメラがむけられていました。
IMG_7559.jpg
 (高)

続きを読む »

安政の遠足(とおあし)

 5月14日(日) 仮装ランナーで有名な侍マラソンに36回目の参加、高齢者賞の銘茶をゲット。該当者は5名と言うことは ・・・  その賞の創設の冒頭の一文を拝借、引用させていただいた。
 旧安中藩主、板倉勝明候が藩士の鍛錬のため、碓氷峠まで、今で言う「マラソン」をさせたことが古文書の発見により明らかとなりました。これが世に言う「安政の遠足」です。安中市では、これを契機に、「安政の遠足保存会」が組織され、毎年5月のだい2日曜日に安政遠足マラソンを実施しております。(以下略)
IMG_7556.jpg
 関所コースのフィニッシュ  2:32:50
IMG_7543.jpg
 お茶目なカワユ~イお二方 どなたか判りますか?
IMG_7546.jpg
 時の人:新横綱稀勢の里もかごに乗って強行出場!
IMG_7548.jpg
 安中市長も八重さんの仮装でスタートの太鼓を打ち鳴らしました。
IMG_7552.jpg
 統合されて校名が無くなりましたので「元安中高職員」と鉢巻きに、卒業生が家族で応援してくれていました。 (高)

関東ふれあいの道コース視察

 5 月7日(日)続き、 午後のコース視察です。
 ゆうすげ遊歩道を散策し、松之沢峠から七曲がり峠までのコース。
 大型連休最終日とあって湖畔では混み合っていましたが、「関東ふれあいの道」コースは数人と行き会った程度。外輪山の一角を巡るコースとなっており階段の連続です。
IMG_7510.jpg
 こんな注意表示もありました。
IMG_7511.jpg
 階段を終わるとまた階段 ・・・ よく整備されてはいますが上りも下りも階段の連続です。
IMG_7504.jpg
 
IMG_7491.jp⑩隙間のある階段
 隙間のある階段は、視覚障害者にとっては隙間の確認がしづらく歩きにくい困難な階段です。うっかり踏み外そうものなら大けがの元!大きな危険性が潜んでいます。
IMG_7509.jpg
 コースにはところどころにビューポイントがあり湖畔の絶景が望めます。
IMG_7506.jpg
 (高)

榛名富士下見登山

 5月7日(日) ランモード群馬の創立20周年記念行事の一環で、8月に予定の登山道コースの視察に同行してきました。
 榛名湖畔にも遅れての桜前線が訪れていました。
IMG_7513.jpg
 4月14日の前回には、下りのコースでの視察だったが、北西の斜面のため残雪で十分な確認ができなかったので今回の再視察となった次第。IMG_7489.jpg
 本日の視察メンバー、 ゆうすげ登山口でアリバイの撮影。
IMG_7472.jpg
 コースの雪は消えて心配なしでしたが、木の根っこむき出しの階段は続きます。
!IMG_7477
 ガレ場ではゆっくり確実な足場の確保が必要。 
IMG_7478.jpg
 山頂への登頂は80分ほどで到達。早お昼をいただき、帰りはロープウエイであっという間。
IMG_7482.jpg
 その後、沼ノ原駐車場へ移動し、ゆうすげ口の遊歩道散策コースからの視察は続きとなります。 (高)

街で聴いたちょっといい話 会報400号「投げ込み」の効果 その2

 5月6日(土) 朝ジョグから上がって知人からの電話「小須田さん上毛の三山春秋に載っているよ。」との電話を頂いた。ジョグを上がって直ぐだったが,本当ですかと、直ぐに確認出来た。過日の電話取材の会話から見出し、山西先生の「走りは文化論」からこっちゃんの高齢者の居場所論、健康寿命まで正確に表現されていた。皆さんのおかげ。
 こんな記事に纏められて気恥ずかしい。それこそ「三途の川を走って渡り」途中下車して記者会見をしたい。まだ早いが。
 5月6日上毛新聞1面最下欄。下記抜粋をご覧下さい。 (会長)

  出典URL上毛新聞 「三山春秋」抜粋
  上毛新聞2017年05月06日10時13分
▼マラソン愛好者らでつくる「前橋ランナーズ」が毎月発行する会報が今月でちょうど400号を迎えた。1978年の会発足から39年間、日々の活動をつづってきた▼特別顧問を務める群馬大名誉教授の山西哲郎さん(73)は記念号の巻頭言で「ランニングスポーツは文化である」と書いた。集まって一緒に走ると、一人で走るより多様な楽しさを知ることができるとし、記録や順位にとどまらず、走りを言葉で表現するよう会員に呼び掛けた▼会員は約70人、平均年齢は70代。フルマラソンに挑む会員がいる一方で、体を動かすのはウオーキング程度にとどめ、給水ボランティアとしてマラソンや自転車大会の運営を手伝う人もいる▼年齢を重ねて体がついていかず、活動への参加が難しくなっても退会する人は少ない。毎月届く会報が楽しみで、紙面から元気をもらうためだという▼介護を受けたり、寝たきりにならずに元気に生活できる「健康寿命」の考え方が重視されている。「年をとったわれわれが健康で元気な姿を見せることも大切な役割ではないか」。小須田稔会長(72)は会報による情報発信の意義を強調する▼若い世代を中心にマラソンブームが広がり、県内でもフルマラソンの大会が増えた。健康寿命を少しでも伸ばすため、人生の先輩たちを見習い、無理のないよう体を動かしてみたい。

続きを読む »

街で聴いたちょっといい話 会報400号「投げ込み」の効果 その1

 5月2日夕刻上毛新聞の・・記者から編集子の所にお電話があった。用件は会報400号を市役所の市政発信課を通して記者クラブへの資料提供・業界用語では「投げ込み」の資料が目に停まったので、お読み頂いたとかで400号の会報とは凄いですねとの切り口で会の活動状況についての電話取材だった。
 40年の歴史をかいつまんで設立から現在までの秘話、最近は平均年齢70余歳や会員は家族会員を含めて70余名であること。かってフルマラソンの猛者も加齢に伴い健康寿命やウォークとか社会貢献としてのボランティア等がキーワドに活動範囲も異なって来ているが、その活動は高齢化社会のサンプルであると、いつもの自画自賛の売り込みを行った。何時の日か記事として日の目を観るか楽しみだ。その裏として清水さんと桑子さんの記事に触れた。何でも資料をして語らせる。口だけでは駄目。口だけの「千三つ」も居るが
 広報は「糠に釘」とは、編集子の放送大学での実体験だが何回かの無駄もあるが無駄(?として活動を止めたらまったくの無駄)の積み重ねが成果に繋がると。それ位日常活動の周知は難しい。 (会長)   

今日は立夏

 5月5日(金) 八十八夜も過ぎて今日は立夏。こどもの日で大型連休も後半に ・・・ まあ、どこにも出かけないので関係ないのだが ・・・  世間様の動きには全く関係なくいつもと変わらぬ日常生活を過ごしています。ブログへもご無沙汰の代わり映えしない日々です。
 初夏のかぐわしい風を受けてのT-Tコンビの伴走は、いつもの利根川沿いのサイクリングロードを昭和大橋から玉村大橋手前の10.0kmポイントまでの往復ランで13km。
IMG_7461.jpg
 珍しく民家の庭先に掲げられた鯉のぼりを見かけたので失敬!してガシャッ!
IMG_7453.jpg
 メディアでは行楽地のスポット報道が目白押しですが、日常の街中ランでの小さな出会いや発見もまた楽し!  (高)

前橋ランナーズ月例の第2回「ストレッチと語る会」

 5月1日(月) 10時~元気21 3F ロビーにて開催される。参加者は5名とやや淋しい。簡単な挨拶の後、今日は街中の散策・ウォークとして元気21から朔太郎記念館→青春の詩の碑・朔太郎生家記念館の付近を徘徊、広瀬川にかっては料亭松嶋の屋形船があって繭商人の夕餉の文化があったとか。その上流の比刀根橋付近には前橋空襲の被害者の慰霊のモニュメントがあって手を合わせて,弁天通りの大連寺には歴史の刻む碑があったり、中央通りには余り人影はないが・・・・馬場ッ川の船繋ぎの石に利根川の流域の変遷の知る。
 厩橋の歴史と大袈裟になくともゆっくりとして移動しつつの街中巡りでした。
やや、軽い運動だが最後にストレッチの仕上げで本日は終了した。
 会員の皆様のご記憶にあるこんな事もあるよと,小さな内緒の事をお聞かせ下さい。   (会長)

_IGP7124 朔太郎生家 のぞき見 170501
  朔太郎生家 のぞき見

_IGP7126 青春の碑 サムエル 170501
  サムエル青春の碑 

_IGP7127 文学館 素彦の短刀 170501
  素彦の短刀のいわれを

_IGP7132 船繋ぎの石
  馬場っ川 船繋ぎの石

_IGP7134 納めのストレッチ 170501
  お疲れ様と筋肉に御礼を
プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ