65、000 のキリ番はどなた?

 9月20日(水) 19時ちょっと過ぎに前橋ランナーズのブログを開いたところ、訪問者のカウントが65,001となっていました。
と、なると65,000のぴったりの訪問者はどなただったでしょうか?
 記念品も何も用意はしていませんが、せめてラッキーな訪問者に心より拍手をお送りしましょう! せ~の パチパチパチ ・・・

 2009/05/29  ブログに開始します。  (前略)・・・日々のトレーニング、大会の様子などupしていきたいと想います。皆様のコメントお待ちしています。   と、スタートの弁。

 足かけ9年の歳月の経過です。時たま記録してはいますが、このところの日平均の訪問数は20人前後ですかね。

(高)
 
 
スポンサーサイト

国公立大学学校対抗陸上競技大会終わる

 9 月17日(日) 第3日目は時折り小康状態を見せるが終日の雨模様の大会となってしまった。
 ミサイルの襲来はもっての外だが、招かれざる大型の台風18号が九州あたりにあって列島の縦断を狙っている模様。時間とともに激しくなるとの予報に、準決勝戦などをタイムレースにするなどのプログラム変更で繰り上げての実施で終了を早める。
 おかげで30分ほどでの交代で出ずっぱりに、濡れた身体はジワジワとダメージ。
IMG_8462_20170917213602b07.jpg
 指先がかじかんできたりおまけにデジカメの電池切れもあって撮影できず。本日の画像記録はこの1枚に。 

 次の2枚は、2日目のスタンバイ前にボート池・釣り堀での散策でのスナップです。 
IMG_8440_20170917213601fd3.jpg

IMG_8441_20170917213600216.jpg
 (高)

前橋ランナーズ月例ノルディックウォーキング練習会

  9月16日(土)9時に敷島公園ばら園駐車場付近に集合した。参加者は10名だった。本会からは4名だったが故障やら他事ありやらで3名が実技には参加できなかった。
 初心者の方も多かったので何時もの様に藤井コーチからストックの機能と握り方らかのお話しも,その後、基本の運動で各部位を補強する方法に付いての説明と実技に移った。
  実技では公園の松林の周回を基本に約1時間近く、その後,、舗装道路に出てその体感を体験することとした。(編集子は私事だが過日の白内障の手術後のためホコリは禁止なのでこのところまでで取材も終了した。)
DSCN0032 ノルディックウォーキング アリバイ 170916
  いつものアリバイ
DSCN0043 ノルディックウォーキング ストレッチ 170916
  ストレッチ その1
DSCN0050 ノルディックウォーキング 実技2 170916
  ストレッチ その2
DSCN0055 ノルディックウォーク 実技 スタート 170916
  いざ行かんノルディックウォーキングにチャレンジ

 追記 編集子もこのブログへの投稿がソフトの関係か暫く出来ずでしたが、今回のチャレンジはなんとかクリア。ひと安心。

第32回国公立26大学対抗陸上競技大会

 9月15日(金) 高崎経済大陸上競技部主管による大会の監察員として参加して参りました。
 7:30集合で会場へ向かう途中に、またもや耳慣れぬ携帯電話のアラーム音 ・・・ またまた北朝鮮の「ミサイル発射」で、まったくの迷惑至極、この上なし ・・・

IMG_8451.jpg
 電光掲示板にも大会名表示。伝統のある大会なんですね。
IMG_8427.jpg
 爽やかな風のもと、炎天での開会式。
 平成29年9月15日(金)~17日(日)  正田醤油スタジアム群馬
IMG_8428.jpg
 代表選手の宣誓も爽やかに秋空のもと ・・・ 
IMG_8430.jpg
 3日間のスケジュールはかなりの過密状態。オープン種目参加も含めて1200余名の参加選手。
IMG_8433.jpg
 若者の熱戦で時ならぬヒートアップ状態に・・・
IMG_8453.jpg
 4×400m 1走から2走へバトンをつなぐ
 2交代制の審判の合間やら、ちょこっとの盗み撮りでの画像にはたいしたものもありませんが、若きアスリート達の力動感の一部をお届けします。  (高)

 

日中のラン

  9月10日(日) 9:00過ぎのお天道さまの日差しも強まった時間になってしまったが、高崎の東部小コースの単独ランにでる。気温はぐんぐんと上昇中であったが、爽やかな風があり暑さもさほど感じなくなってきている。例年だと残暑厳しい時季なのだが、と稲穂を揺らす風と戯れてのランに。本日の走行距離は12kmでした。
IMG_8411.jpg

IMG_8413.jpg

 昨日は、数字の9が重なる9月9日で「重陽の節句」:菊の節句でしたが、公園の土手や田んぼの畔などには早くもマンジュシャゲが顔を覗かせていました。雨が多かったので咲き急ぎしているのかな。 (高)

 

走り再開とブログへの再参入のご報告

 秋風は爽やかに吹き肌にも優しさを感じるこの頃ですが、こっちゃんも走りを再開しつつあります。
 このところゆっくりのジョグ&ランで1時間・7km位ですが着地・キックの部位にも気にしながらの走りも出来るようになりました。芝地での素足走りで着地・キックの再確認も。
 昨年夏、スピードアップのための過負荷のスクワットの筋トレで膨ら脛の筋肉損傷で走れなくなってしまいました。
 回復のために、整形外科での診察や鍼灸での施術も試み、筋トレも色々なトレーニングを体験しました。回復の要因はこれらの体験とメインはマシン利用のスックワットで脚部・腰部の強化と思っております。
 今年の11月の藤岡繭マラソン大会で10km・60分の目標値達成のためのちょっと過負荷なトレーニングですが実施しての経過状況は、逐次アップします。前橋ランナーズのブログへの参入も大島さんにアドバイスを頂いて再開出来ました。
 加齢に依る機能低下にもチャレンジしつつの現状ご報告です。 (稔)

走れなくても

 9月7日(木) 3日間の全国盲女性研修大会(群馬県大会)のボラを終了しました。
 1日・2日目は高崎駅の在来線改札口での誘導・案内の担当、3日目の本日は駅東口駐車場での誘導・案内のボランティア担当でした。
 業務内容は、いずれも軽微で全国各地からの参加者を笑顔で迎え気持ちよく会場受付まで案内することでした。 難しいことは何一つありませんしたが、出迎える側がどっしり腰を据えて(椅子などに腰を下ろして)いるわけにも行かず、立ったままでの長時間の出迎えはさすがに1時間・2時間と時の経過に伴い、足腰の違和感をおぼえるようになってきました。
 弾性ストッキング(加圧式の)を着用するなどそれなりに準備はしていたつもりですが、3時間・4時間と経過するに及び足・腰に響くものを感じて参りました。(トホホッ、トシには ・・・ ですが)NHKの「ためしてガッテン!」を思い起して、一人で密かにくねくね体操(くの字体操)で多少なりとも気分転換に・・・
 この3日間とも走れないので、新前橋駅までの徒歩での往復を決めて実践することに・・・。
 初日は予定より早めにボラを免除されたので、急きょ高崎シティギャラリーで開催中の「漢字三千年ー漢字の歴史と美-」を観賞してのプラスアルファでのウォーキング。
IMG_8383_20170907194535019.jpg
 世界初公開の文字の刻まれた兵馬俑に感動しての帰宅。5日 12(2.5+7+2.5)km
 2日目も在来線の改札口での誘導・案内の担当。県内の参加者も多く、エスコートの回数も多くなりましたが、足の疲れは前日以上にキツクなる。午後のグループと交代になり、早めの上がりでJR.の帰りは一駅前の伊野駅で下車。ウォーキングでの帰宅に切り替える。6日 13(2.5+8+2.5)km
 3日目は、新幹線下の駅東口駐車場からの誘導・案内の担当。終了後の15:00からの予定が入っていたので新前橋駅からはウォーキングで帰宅。7日 7(2.5+2+2.5)km 
 結論! 要は、走れないけれどもそれに代わるよう意識的に(ちょいキツウォークなど)運動を取り入れること! でカバー できたかな?   (高).

全国盲女性研修大会(群馬県大会)

 9月5日(火) 第63回となる標記の大会が本日より3日間の日程で開催されます。会場は、高崎市の駅ビル内 ホテルメトロポリタン高崎 です。
 全国から400余名の参加者となる大会で、その運営スタッフのボランティアとしてお手伝いにきております。
IMG_8367.jpg
 本日の内容は誘導・案内で在来線の改札口付近にスタンバイ。会場の受付までのエスコート担当です。
IMG_8368.jpg
 盲導犬連れの参加者もありましたが、各県代表などの委員会や全国委員会の日程のため新幹線利用の改札口が多かったようです。
IMG_8380_20170905211000397.jpg
 エレベーターホールへの進路などの要所にも案内係がいます。
IMG_8372.jpg
 コンコースの通路には、上野三碑(こうづけさんぴ)の実物大のレプリカも出現。通りすがりの目を引きつけていました。
IMG_8371.jpg
 交代でスタッフルームで昼食をいただきましたが、居合わせた群馬県の和泉女性部部長がプロへ目を通して確認をされていました。全国委員会での挨拶の大役が予定されているようです。
IMG_8408.jpg

 3日間のご盛会を祈念しております。 (高)

烏帽子岳への登山

 9月3日(日) 駅伝大会が早く終了し、あまりの好天に以前から密かに抱いていた烏帽子岳への単独登山を決行。
IMG_8364.jpg
 対岸の湖岸や榛名富士登山の際にゆうすげの西方に、特異な姿形のその名の通りの烏帽子がポッカリ。
IMG_8363.jpg
 11:08ゆうすげ元湯にほど近く 赤い鳥居にみちびかれて登山口を出発。
 登山道には踏み跡は認められるものの、ひっそり閑漂う澤沿いに林の中をひたすら西方に辿る。
IMG_8361.jpg

 20分ほどで尾根筋に出る、男性2人組の登山客が休憩中。左ー鬢櫛(びんぐし)山1350m,右ー烏帽子(えぼし)岳1363m

 烏帽子への道は尾根の直登高となりきつい登りが続く。階段やロープの設置もあり一気に高度を稼げるが、樹木に閉ざされて眺望は利かない。
IMG_8350.jpg

IMG_8351.jpg
 朱の鳥居とその奥に2体のお稲荷さんが鎮座し、安全登山を見守ってくれている。ほどなく岩屋にまつられたお稲荷さんをあとにすれば笹の原に出てしばらく藪漕ぎのあと登山口からは40分ほどで山頂へ。
IMG_8355.jpg
 大きな樹に囲まれて眺望はまったく利かずキャップを載せての山頂でのアリバイです。

 下山を開始してまもなく沼田からの3人組のお嬢さん方にであい、山頂東側のビューポイントを教えていただき引き返す。
IMG_8356.jpg
 
 大きな岩の上に立って眼下のゆうすげや湖畔の眺め、榛名富士を目の前にしてしばしの山行きに大満足の烏帽子岳。
 30分ほどで元来た道を下山。湖畔の周辺を取り巻く外輪山の登山もまた楽しいものです。  (高)

榛名湖駅伝競走大会

 9月3日(日) 第49回榛名湖駅伝競走大会の走路員として行ってきました。
 起き抜けの5:00過ぎには出発、最後のコンビニの伊香保で忘れずに朝食をゲットし6:40ゆうすげに到着。
IMG_8314.jpg
 ゆうすげ元湯をスタートして湖畔を周回するフルコースの部(30.0km)1区のみがメロデイラインからヤセオネ峠、オートキャンプ場経由で榛名富士の北側を巡りゆうすげに戻る18.1km、2区5.4km、3~5区5.5kmの5周回。
IMG_8338.jpg
 先導者に続きトップ集団が駆け抜けます。
 ハーフコースの部および女子ハーフコースの部は、1区(5.5km)、2区と4区(3,4km)、3区および5区(2.1km)の3周回(16.5km)。
IMG_8343.jpg
 湖畔の周回コースはフルの2区以降とハーフコースは男女入り乱れての襷リレー
IMG_8340.jpg
 途中での順位は不明だが観光客の声援も受けての力走。
IMG_8333.jpg
 ゆうすげの道散策。たっぷりの秋の気配。
IMG_8337.jpg
 (高)



プロフィール

前橋ランナーズ

Author:前橋ランナーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ